2022 / 10 / 28

BEYONDの食事管理は一味違う!結果が出るダイエット中の食事を大公開

皆さんこんにちは!

BEYOND町田店のトレーナー、あおです。

皆さんは今までに食事管理をしたことはありますか?食事管理と言うと、

  • ・食べ物の制限が辛い
  • ・摂取カロリーを過度に抑える
  • ・甘いものは禁止
  • ・炭水化物は禁止

という、イメージを持つ方が多いと思います!

しかし、BEYOND町田店で行う食事管理方法は他のジムとは一味違います。

ハードな食事制限や禁止食を作ることは、リバウンド摂食障害をもたらす可能性があります。ダイエット中にこれらの症状が起きた時は、身体がSOSを出している状態です。つまりダイエットが進んでいるのではなく、不健康な状態に近づいている証拠です。

痩せてきれいになりたいのに、不健康になってしまっては本末転倒です。

しかし、BEYOND 町田店ではそのようなハードな食事制限は一切行っておりません。なぜなら、BEYODN町田店はダイエットを短期的に行うのではなく、現在のライフスタイルをより健康的に変化させて、その結果痩せていくダイエットを行う事を目的としているからです。

本日は、BEYOND 町田店で行うリバウンドのない食事改善の方法を少しだけ公開します!

健康的なダイエットをするためにしっかりと栄養をとりながら体脂肪を落としていきます。その方法をBEYOND町田店では行なっております!

■食事制限でリバウンドする原因

まず食事制限でリバウンドしてしまう原因は、大きく3つります。

①食べ物へのあやまった認識

食べ物を食べると、太る」と思っている人はいませんか?

実はこの考え方がハードな食事制限をし、リバウンドしてしまう原因の1つです。

生きていく上で「食事」は必要不可欠です。食べ物を食べなくなると、一時的には痩せますが、基礎代謝の低下や筋肉の減少、体脂肪の蓄積、生理不順など健康被害を招きます。

基本的に健康的な食事を適量食べていれば、太ることはありません。

では、なぜ食事をして太ってしまうのか。

それは、栄養のほとんど含まれていないジャンクフードやお菓子を普段から食べているからです!大切なのは食べ物の質ということですね。

もしも1日3食、健康的な食事を摂ると太るどころか、どんどん体調が良くなり、痩せやすい体質になります。まずは「食べ物を食べると太る」という誤った認識を無くしましょう。

②栄養をとらない

3大栄養素と呼ばれる、タンパク質・脂質・炭水化物の栄養素をどれか1つでも極端にカットしてしまうと、体はどんどん不健康になり、代謝の低下やメンタルが不安定になります。

例えば、極端に炭水化物をカットすると日常的にふらつきやイラつき、抜け毛、ストレスを感じやすくなります。脂質をカットし過ぎれば生理不順、タンパク質をカットすれば肌がボロボロになるなど、必ず何かしらの体の不調が現れます。

ダイエットは健康的に、そして長期的に行うからこそ美しく身体が引き締まっていきます。栄養を取らないという、不健康なダイエットは絶対に辞めましょう。

③ハードなカロリー制限

ダイエットの原則は、摂取カロリー<消費カロリーです。

しかし、摂取カロリーを極端に落としてしまうと一気に栄養不足の状態になります。何度もお話ししている通り、栄養不足は身体の不調の元です。ハードなカロリー制限は一時的に体脂肪を落とすことは可能です。

しかし、その食事を一生続けられますか?

無理ですよね。食事が元に戻ってしまっては、身体はどんどん体脂肪を蓄積し、リバウンドしてていきます。

一時的な体重のために痩せるのではなく、時間をかけて日々適切な量の栄養をとりながら、ゆっくりと体脂肪を落としていきましょう!

■BEYONDの食事制限の方法

実際のお客様の食事例をもとにBEYOND 町田店での食事管理の方法を紹介します!

まず、BEYOND町田店ではローファットダイエットという、炭水化物とタンパク質をしっかりと食べて脂質を1日必要最低限に抑える食事方法を進めています。ローファットダイエットについては、こちらの記事をご覧ください。

・お客様の食事例(コンビニ編)

このようにコンビニの商品でも多くの食品を食べられます!むしろ忙しい人はコンビニを活用しましょう。

最近のコンビニ飯は低脂質の商品が多く、ダイエットに向いている商品が多くあります。例えば、サラダチキンスティックやビビン風サラダ、タンパク質のとれるパンなどです。これらは脂質が10g以下で、高たんぱく質の商品です。

コンビニの商品を選ぶ際は、栄養成分表示の脂質に着目しましょう!1品あたり脂質が10g以下の商品を選ぶとよりダイエット効果があります。また、炭水化物を抜かずにおにぎり一個分の炭水化物は必ず取り入れましょう!

商品の選び方を学べば、コンビニ飯でも痩せられるんだね!

・お客様の食事例(自炊編)

自炊ではこのように毎食タンパク質を取り入れることがポイントです。1食あたりのタンパク質が足りていないと、炭水化物や副菜の食べ過ぎからカロリーオーバーしやすくなります。低脂質のタンパク質をセレクトして毎食食べましょう!

写真のように牛ヒレ肉や鶏ひき肉のハンバーグ、低脂質カレー、卵、ヨーグルトがおすすめです!

ダイエット中でもカレーが食べられるって知っていましたか?実はある工夫をすればカレーでも食べられるのです!ある工夫とは調味料の工夫です。調味料を低脂質のものに置き換えるだけでも、カレーでも中華丼でも食べれます。驚きですよね!このように自炊をすればダイエット中でも好きなものを食べられるようになります。ダイエット中の人こそ自炊をしましょう。

調味料を工夫してダイエット飯を作ろう!

・お客様の食事例(外食編)

もちろんダイエット中でも外食は可能です!

ダイエット中でも付き合いで外食をしなくてはいけない時もあると思います。そんな時は写真のように、お刺身や海鮮丼、和食定食、ステーキ、焼肉を意識的に食べるようにしましょう!外食でもクリーンな食べ物を食べることで、体脂肪の蓄積を防げます。むしろ外食をすることで心のリフレッシュになり、ダイエットを長期的に続けられるようになります。

ダイエット中でも怖がらずに外食をしてくださいね!メニューを選ぶポイントさえ押さえてしまえば、リバウンドすることはありません!

町田にお住まいの人は「やっぱりステーキ」がおすすめです!

■まとめ

こう見ると、ダイエット中でもさまざまな食べ物を食べながら痩せていくことができるとわかりますよね!

食事管理というと、ハードな制限を行うイメージがあると思います。しかし、実際は制限ではなく、日々栄養を摂るように食事のサポートを行なっております。

足りない栄養素を伝えたり、オススメの食べ物を紹介したりなど、ダイエットや健康において必須な情報を提供させていただいております!

BEYOND 町田店の食事管理をしているお客様の食事写真を見ると、意外といろいろな食べ物を食べていますよね!むしろこれくらい食べないと、健康的に痩せていきません

食事管理は大幅にカロリーを削るのではなく、栄養バランスを整える作業です。

正しい食事の知識を身につけて健康的なダイエットを継続していきましょう!

BACK TO LIST

最新記事