2021 / 05 / 09

身体の不調の原因、鉄分不足かも!?

みなさんこんにちは!BEYONDGYM町田店です。

なかなか身体の疲れがとれない、めまい、熟睡できない事があると感じる時はありますか?ダイエットをしているとついつい食事量を減らしすぎててしまい、身体にとって必要な栄養素までカットしてしまっている可能性があります。特に女性は鉄分不足の状態の方が多いと言われています。

鉄分とは

鉄分とは、身体の中で様々な役割を果たしています。まず、鉄の約70%は赤血球をつくっているヘモグロビンの成分です。ヘモグロビンとは、酸素と結びつき、酸素を肺から体のすみずみまで運ぶという重要な働きを担っています。残りの約30%は、肝臓や骨髄、筋肉などに貯蔵されています。この貯蔵された鉄は、体内の鉄分が不足したときに利用されます。

トレーニングをして筋肉が増えると、筋肉を動かすためのエネルギーと酸素の量が増えます。筋肉量の増加に見合った血液、赤血球を必要とするため、材料となる鉄の必要量も増加します。つまり、意識的に鉄分を取らないと、鉄分不足に陥ってしまうのです。

なぜ体調不良が起こるのか?

これにはいくつか原因があります。

乏性貧血

鉄分不足になると貧血を起こします。この状態が鉄欠乏性貧血です。血液中の鉄分が不足すると、肝臓や筋肉に貯蔵されている鉄から不足分を補っていますが、この貯蔵された鉄も無くなってしまうと、酸欠状態が起きます。すると、疲労感、めまい、動機などの症状が現れ鉄欠乏性貧血となってしまします。

②ハードな運動

マラソンや陸上、サッカー、バレーボール、バスケットボールなど足裏の衝撃により、赤血球が壊れやすくなることで起こる貧血です。ハードな運動から壊れてしまう赤血球の数が新しく作られる数を上回ってしまうと、血液中の赤血球が少なくなり、貧血となってしまいます。

③食事量の減らしすぎ

ダイエットだからといって必要な栄養素を減らしすぎている可能性もあります。鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類がありあます。この2種類は、積極的に摂取していく必要があります。

貧血を治すためには?

①鉄分の多い食品を取り入れる

鉄には2種類の栄養素があります。ヘム鉄非ヘム鉄です。この2種類をバランス良く摂取する必要があります。レシピを工夫することで、美味しく手軽に鉄分を摂取することが可能です!

(1)ヘム鉄

吸収率が高く、に含まれています。豚レバー、鳥レバー、牛の赤身、しじみ、あさり、カツオ、干しエビに多く含まれます。

(2)非ヘム鉄

吸収率が低く、野菜穀物に含まれています。ほうれん草、小松菜、ひじき、大豆、大根、卵黄に多く含まれます。

②サプリメントを飲む

食品から摂取することが難しい場合は、サプリメントで補うことも可能です。薬局で販売されている鉄分のサプリメントを試してみましょう。サプリメントは服用してから、約3ヶ月で効果が現れると言われています。継続してサプリメントを服用していきましょう!

まとめ

貧血や疲労、めまいを感じた時は無理せずに休養をとるようにしましょう。それでも治らなかった時は、食事から鉄分を摂取したり、サプリメントを使用して鉄分を摂取していきましょう!

BACK TO LIST

最新記事