2021 / 05 / 20

スパイスを使って美味しくダイエット!

こんにちは!BEYONDGYM町田店です!

私たちは料理をする際に塩や醤油、味噌など使いますよね。塩分は人間にとって大切な栄養素です。しかし、日本人は塩や醤油、味噌などを使った調味料による料理が多く、塩分をとり過ぎてしまっている傾向にあります。塩分を摂りすぎてしまうと、胃がんや高血圧、肥満、浮腫の原因にもなります。

では、どのように料理で味付けをしたら良いのでしょうか。そんな悩みを解決することができるのが、スパイスです!!

①なぜスパイスはダイエットに良いのか

シナモンやターメリック、クミンなど、350種類以上あるスパイス。スパイスには脂肪燃焼効果や新陳代謝を上げる効果があります。また、インスリンの過剰分泌を抑えて脂肪の蓄積を防ぐ働きがあることも最近では発表されています。

調味料をスパイスに置き換えることでダイエットを効率よく行うことができるのです!

②ダイエットにオススメのスパイス5選!

では手に入りやくす、料理にも使いやすいスパイスを5つご紹介していきましょう!

(1)クミン

クミンは消化促進、抗酸化作用、コレステロールの吸収抑制、発汗作用、貧血予防、リラックス作用と様々な効果があります。味は少し苦味があるのですが、野菜炒めやラム肉の調理の際に良い味のアクセントになります。

また、クミンにはクミンシードとクミンパウダーの2種類あります。クミンシードとクミンパウダーでは使い道が違うので、使いやすい方を取り入れてみましょう!

(2)シナモン

シナモンは、抗酸化作用、抗炎症効果、血糖値のコントロール、血行改善の効果があります。紅茶やオートミル、プロテインに入れて飲みましょう。

しかし、シナモンを長期的に摂取しすぎるとアレルギー症状が出る場合もあります。1日あたり10g以内におさめておきましょう!

(3)ターメリック

ターメリックには、消化促進、肝機能促進、殺菌作用、抗アレルギー作用、解毒作用、月経調整の効果がります。特にターメリックに含まれるクルクミンと言う成分には強いアンチエイジング効果があるため、美容を気にされる女性には説教的に摂取していただきたいスパイスです!ターメリックライスにしたり、野菜スープに入れることで美味しく召し上がることができます。

(4)オレガノ

オレガノには抗真菌、抗酸化作用、胃腸調整、神経系の痛みの鎮静、強壮作用がの効果があります。また、βカロテン、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなど、肌を守る成分が豊富に含まれています。

(5)ローズマリー

ローズマリーには抗酸化作用、アレルギーを和らげる、血行促進、精神安定の効果があります。ローズマリーは、ハーブの中で最も抗酸化作用を持つと言われています。

ハーブティーや羊肉や豚肉、青魚などクセの強い食材の臭み消しに使用しましょう!

③まとめ

今日紹介したスパイス以外にも家庭料理で気軽に使えるスパイスはたくさんあります!調味料も工夫しながら、楽しく、美味しくダイエットを行なっていきましょう!

BACK TO LIST

最新記事