2021 / 05 / 24

ダイエットに必須!オススメの朝食!

こんにちは!BEYOND GYM町田店です!

ダイエット中に1日のカロリーを減らすために朝食を抜いたり、忙しいから食べずに出勤や出かけてしてしまうことはありますか?朝食には私たちが考えている以上にたくさんのメリットがあります。このメリットを知り、朝食をしっかりと摂る習慣を身につける事で、さらに健康的にダイエットが出来るでしょう!

今日は朝食のメリットとオススメの朝食を紹介していきます!

①朝食を食べるメリット

(1)基礎代謝の低下を防ぐ

朝ごはんを食べると胃腸が活発に動き、カロリー消費をします。この胃腸の働きを食事誘発性熱産生と言い、1日の消費カロリーの約10%をしめています。この食事誘発性熱産生は、毎食同じ食事で500 kcalの3食をとった時、朝食が夜食の約4倍も消費カロリーが大きいと言われています。

また、朝食を抜くと糖質や脂質が不足し、筋肉が分解されて糖が生み出されてしまいます。つまり朝食を抜くことは筋肉量の低下につながります。そして、筋肉量の低下は、安静時のエネルギー消費である基礎代謝の低下を招きます。

つまり、朝食をとる事で消費カロリーを上げ、基礎代謝の低下を防ぐ事ができるのです。

(2)食欲が落ち着く

朝食を抜くとかなりの空腹状態のまま、お昼ご飯が入ってくるので身体はすぐに栄養を吸収しようとします。すると、血糖値が急上昇します。血糖値は急上昇すると、今度は急降下させようとしてホルモンが働きます。この血糖値の急上昇、急降下は食欲を増長させてしまうのです。

つまり、朝食を食べる事で血糖値の急上昇を防ぎ、食欲の乱れを防ぐ事ができます。

(3)体内時計がリセットされる

朝食を摂ることで早起きの習慣が身について、生活が整います。ダイエット中は、ストレスで自律神経が乱れて睡眠の質が低下したり、気持ちが落ち込む事もあるでしょう。朝ごはんを食べて体内時計をリセットし、自律神経を整えることが大切です。

(4)便秘が解消される

朝ごはんを食べると排便が促され、朝の排便習慣が身につきます。特に、ダイエット中は食事の量を減らしすぎてしまい、食事のバランスが崩れて便秘になりやすいため、朝ごはんはしっかり食べることが便秘改善のポイントです。

②オススメの朝食

(1)和食

和食は低脂質のものが多く、ダイエット向きの食事です。朝に時間がある時は、ご飯・魚・汁物・副菜をバランス良く食べるようにしましょう!魚は鯖や鮭、鯵、たらなど高たんぱく質の魚を選びましょう。

(2)卵かけご飯

卵かけご飯もタンパク質と糖質を一緒に摂取できるのでオススメです。しかし、卵だけだとタンパク質の量が足りないので、納豆やシラス、たらこなどタンパク質を追加しましょう!

(3)オートミール

調理が簡単にできるオートミールは朝時間がない方にオススメです。オートミールにプロテイン・豆乳・冷凍フルーツ・ココアパウダーなど入れて、デザート感覚で食べることが出来ます。また、お茶漬けの素や鯖缶味噌味を入れると和風になり、様々なアレンジが可能となっております。

(4)さつまいも

さつまいもは食物繊維が豊富で手軽に食べることができます。まとめて焼いた後に冷凍して保存し、アイスのように食べたり、冷やして冷やし焼き芋にして食べる事が可能です。また、焼き芋を冷やす事でレジスタントスターチという消化酵素で分解されない食物繊維が復活するためダイエットに向いています。ただ、さつまいもだけだとタンパク質が足りないのでプロテインを追加しましょう!

(5)ブランパン

パンが食べたくなったときはLAWSONで販売されているブランパンがオススメです。低糖質、低脂質なのでダイエットに向いてるパンです。こちらもパンのみだとタンパク質が足りないので、ノンオイルツナ缶やささみなどタンパク質をパンに挟み、食べるようにしましょう!

③まとめ

朝食を摂る事のメリットはたくさんあります!ダイエットとは体重や体脂肪を減らすだけでなく、生活習慣を見直し、改善する事です。朝食を食べる習慣を身につけ、健康的にダイエットをしていきましょう!

BACK TO LIST

最新記事