2022 / 07 / 31

【健康増進】健康の秘訣は肝臓にあり!?肝臓に良い食べ物TOP3〜町田駅から徒歩5分のパーソナルジム〜

こんにちは!BEYOND(ビヨンド)ジム町田店のトレーナー、あおです!

皆さんは肝臓がどのような働きをしているかご存知でしょうか?肝臓は沈黙の臓器と呼ばれており、障害があっても自覚しにくい臓器です。だからこそ見通しがちな臓器でもあります。

しかし、健康の秘訣は肝臓にあります。本日は、なぜ肝臓の働きが健康と関係しているのか、ご紹介します!

(1)肝臓の役割

ほとんどの方はアルコールの分解が主な働きと考えているでしょう。実は、肝臓は500個以上もの働きを担っています。肝臓は私たちの身体の最前線で働き続けてくれる大切な臓器です。そんな肝臓の役割を大きく分けると、3つあります。

1.代謝機能

肝臓は、栄養素(タンパク質、脂質、糖質)を使いやすい形に作り変える、代謝の働きを持ちます。

例えば糖質は、口から体内に入り小腸から吸収され、肝臓に運ばれます。そして肝臓でグルコースに変換されて、血液中に放出されます。血液を通して身体全体にグルコースが運ばれて、エネルギーの供給がされます。しかし、血液中にグルコースが十分に足りている時、肝臓はグルコースを繋げてグリコーゲンとして肝臓に栄養を貯蓄します。

肝臓がエネルギー源を保管しておいてくれるのです。そして、低血糖になった時にグリコーゲンを分解して血液中にグルコースを血液中に放出します。つまり、肝臓は血糖値の調節の働きをしています。私たちの体がエネルギー不足になった時、それでも動き続けられるのは、この肝臓の働きが関係しているからです!

2.胆汁の分泌

食べ物の消化吸収を助ける胆汁の分泌も肝臓が担っています。胆汁は脂質の代謝に関係しています。

脂質は、胃を通り十二指腸に運ばれ、胆汁と膵リパーゼの働きで分解された後、小腸に吸収されていきます。吸収された脂質はリンパ管を通り、全身に栄養として運ばれていきます。しかし、悪い脂質を摂取し、悪玉コレステロールが過剰にある状態だと、動脈硬化が起こります。

しかし、良質な脂質を体内に取り込むと、善玉コレステロールが余計な悪玉コレステロールを回収してくれます!この働きは動脈硬化の抑制につながります。良質な脂質が健康に良いと言われるのは、この悪玉コレステロールの回収と胆汁の分泌が関係していますね!

3.解毒作用

アルコールのように体にとって有害なものを、無害なものに作り変える働きを持ちます。体内に入ったアルコールは、肝臓で分解されて尿や呼気として排出されます。しかし、アルコールを大量に摂取すると1回の過程で分解しきれず、体内長時間毒素が止まってしまいます。毒素が長時間体内に溜まっていると、代謝機能も落ちやすくなります。

(2)肝臓の状態が悪いと…

肝臓の状態が悪いと以下のような症状が現れます。

  • 慢性的な疲労
  • むくみ
  • 食欲の低下
  • 水腹

このような症状に悩まされる方は、いますか?

もしかすると、肝臓が疲労状態にあり、正常に機能していない可能性があります。このまま肝臓の疲労を放置していくと、最悪急性肝炎になってしまいます。大きな病気になる前に、肝臓を労わる必要がありますね!

肝臓を労るには休息ももちろん大切ですが、それよりも大切なのが食事の質です。肝臓の疲労を起こしているのは食事の質が悪いからです。肝臓の機能を上げるような食事を意識しましょう!

(3)肝臓を悪くする行動TOP3

1.過度な飲酒

飲酒を繰り返すと、肝臓が常にフル回転の状態になります。それでも飲酒を続けていると、毒素の分解が追い付かずに、体内に毒素が溜まったままになるため二日酔いや、浮腫などの症状が出やすくなります。また、肝臓での中性脂肪が高まり、脂肪肝になるリスクが高まります。

細身の方でも過度な飲酒を繰り返していると、脂肪肝になる為、日常的な過度な飲酒をするのは控えましょう。

2.油物ばかり食べる

揚げ物やラーメン、丼など油物ばかり食べていると悪玉コレステロールが増えていきます。悪玉コレステロールが増え続けると、血流が悪くなり、体調不良を起こしやすくなります。

油物は控えて、青魚やナッツ、オリーブオイルなど良質な油への置き換えが必須です。

3.運動をしない

運動不足の状態が続いていると、消費エネルギーが減るため体脂肪が蓄積されていきます。この時、肝臓には中性脂肪がどんどん増えていき、最終的には脂肪肝になります。例え、アルコールを飲まなかったとしても運動不足の状態が長年続くと脂肪肝になります。

いきなりジムで動くのはハードルが高いと思うので、まずは1日8000歩歩くところからまずは初めて見ましょう!

(4)肝臓の機能を上げる食べ物TOP3

1.ごま

ごまに含まれるセサミンには高い抗酸化作用があります。セサミンには、二日酔い悪酔いの予防や酵素の働きをサポートする効果があります。これらの効果が肝臓への負担を減らし、肝臓の機能を上げます。また、ごまは胃腸で分解されず、肝臓とつながっている門脈で吸収され直接肝臓に働きかけます。

ほうれん草の胡麻和えやスープにごまを入れて、健康的にごまを摂取していきましょう!

2.硫化アリルを含む食べ物

にんにくや玉ねぎ、みょうが、しょうがに含まれている成分です。

この成分は、動脈硬化の原因となるコレステロールの代謝を良くする効果があります。疲労回復の効果もある為、一日一品は取り入れられると、慢性的な疲労も回復します。また、消化を促進させて食欲を増進させる効果もある為、夏バテで食欲が落ちる時期にはぜひ取り入れていただきたい食べ物です。

3.クエン酸を含む食べ物

レモンやお酢、グレープフルーツ、梅干しなどが代表的です。

クエン酸には、水銀や鉛、カドミウムなど有害な金属を体内から排出するキレート効果があります。その他にも血圧を下げる効果や、カルシウムと同時摂取する事で骨密度の増加の効果を得られます。高血圧ぎみの方は、クエン酸を多めに摂取する意識で食事を取りましょう。

(5)まとめ

いかがでしょうか?

肝臓の役割や肝臓を良くすることで得られるメリットが理解出来たと思います!今のうちから肝臓を労る事で、今後健康的に過ごせます。

美味しいものを食べられるように、長く元気に動けるように、運動や食生活に少しずつ気を付けていきましょう!

BACK TO LIST

最新記事