2022 / 12 / 26

女性にオススメのパワーグリップ6選!筋トレ初心者に必須のパワーグリップはコレだ!

こんにちは!BEYOND 町田店のトレーナー、あおです。

みなさんは、筋トレ中にパワーグリップやトレーニングベルトを着用していますか?初心者や中級者の方は、パワーグリップを筋トレ中に着用していない方が多いと思います。

特に筋トレをしている女性の多くが、パワーグリップを使用せず、

筋トレ中に手が痛くなる。

筋トレ中に握力が無くなってきて、腕が疲れてしまう。

なんて悩みを持たれています。

しかし、パワーグリップを着用しない事は筋トレの効果を半減させています!実はパワーグリップを着用するだけで、筋トレの質がぐっと上がります。この記事を読むと、

  • ・パワーグリップとは何か?
  • ・パワーグリップのメリット・デメリット
  • ・女性にオススメのパワーグリップ
  • ・女性らしい可愛いパワーグリップの種類
  • ・女性のためのパワーグリップの選び方
  • ・パワーグリップを使用した筋トレ

を知ることができます!ぜひ、最後までご覧ください。

実は、パワーグリップを今までつけたことないんです。

勿体無い!パワーグリップを着用するだけで筋トレの質が2倍も上がりますよ!

■パワーグリップとは?

パワーグリップとは、筋トレをする際に手につけるグローブです。バーベルやダンベルを素手で持つと、手のひらが痛くなってしまうときがありますよね。そんな時につけていただくと、痛みを軽減できます。

また、握力の補助もできるため握力がない女性(筋トレ初心者)こそつけて頂けると、腕や前腕への負担を減らし、筋トレの効果をしっかりと得られます。

1.パワーグリップのメリット

パワーグリップを付けることで得られるメリットは、

  • ・握力がなくても重さを上げられる
  • ・腕への負荷を少なくできる
  • ・手が痛くならない
  • ・手豆ができにくくなる
  • ・可愛いデザインにモチベーションが上がる

です。

筋トレ初心者の女性は元々握力が少なく、背中のトレーニングをする際に、先に握力や腕が疲れてしまいます。しかし、パワーグリップを付ける事で腕や握力への負荷を減らし、狙いたい部位へしっかりと刺激を入れられます。

2.パワーグリップのデメリット

パワーグリップを付けることによりデメリットは、5年以上筋トレをしている私からすると、基本気にありません

強いて言えば、汗をかくことにより手首が蒸れてしまったり、荷物が増えるくらいです。

あって損なし、無きゃ損な道具なのでデメリットがほぼ見つかりません。

■パワーグリップの種類

パワーグリップには大きくわけて2種類あります。

1.ベルトスポンジが別れているタイプ

こちらは良くスポーツショップで見かけるタイプのパワーグリップです。こちらのタイプの場合、手首の部分にスポンジが着いていています。

耐久性が高く、重量の重たいバーベルやダンベルを持ち上げても、耐えられます。

2.ベルトスポンジが一体のタイプ

一見ベルトスポンジが別れているタイプよりも頑丈そうに見えますが、負荷がかかる部分に縫い目があるため、耐久性が弱いパワーグリップです。

長い目で見ると、耐久性あのあるベルトスポンジが別れているタイプの方が筋トレには適しています。

■女性におすすめのパワーグリップ6選

筋トレをするのであれば、可愛いパワーグリップや耐久性あるパワーグリップ、使いやすいパワーグリップが望ましいですよね!これらを踏まえて、私がオススメするパワーグリップを6つ紹介します。

1.MJ DIVA

ピンクや紫、黄色などカラフルな色のヒョウ柄パワーグリップがあります。日本人の女性向けに作られており、パワーグリップの中では小さめに作られています。サイズはSとMサイズがあります。

耐久性に関しては、パワーグリップの耐久が弱く、長期間の使用は出来ない可能性があります。

小さめの手で、耐久性よりもデザイン重視の方にオススメのパワーグリップです。

2.コブラグリップス

名前の通り、ベラの部分がコブラの形をしているグリップです。カラーバリエーションが豊富で、赤や青、黒、紫、緑など男女共に使用出来ます。また、ヒョウ柄や迷彩柄、パイレーツ柄など柄も豊富にあります。

耐久性も高く、長期間の使用が可能となっています。

サイズは男性用、女性用と性別で別れています。女性用の場合、手首周りが11〜17cmで対応可能となっており、日本の女性殆どに対応可能となっています。

他の人とは被らない個性的なパワーグリップが良い人は、コブラグリップスがオススメです!

3.ゴールドジム

トレーニング用品のメジャー商品である、ゴールドジムのパワーグリップ。私も実際に1年以上使用しておりますが、耐久性がとても高いパワーグリップです。

重さを上げてもしっかりと手首で固定できるので、パワーグリップとしての機能性はかなり高いです。プロのボディビルダーも使用しています。

サイズはS〜Lサイズの3展開です。女性の場合はSかMサイズがオススメです。

デザインよりも、耐久性重視の方にオススメです。

4.Schiek(シーク)

比較的に安くパワーグリップを購入できます。しかし、安いからと言って耐久性が低い訳ではなく、パワーグリップとしての機能はゴールドジムのパワーグリップと同じくらいあります。

青や赤、ピンクなど様々な色があり、サイズはXS〜Lサイズまで展開しています。女性の場合、XSかSサイズのどちらかがオススメです。Mサイズ以上にすると手首が緩くなってしまいます。

手始めにとりあえずパワーグリップを購入してみたいと言う人にオススメです。

5.Be yourself

ゼブラ柄や牛柄、チーター柄、レオパード柄など珍しい柄のパワーグリップがあります。女性がモチベーションの上がるような可愛いデザインが豊富に揃っています。240kgの重さを持ち上げても、耐えられる耐久性です。

サイズはXSとSサイズの2展開です。アジア人向けに作られているため、日本の女性向けのパワーグリップです。

モチベーションを上げてトレーニングを頑張りたい人にオススメです!

6.GORILLA WEAR(ゴリラウェア)

名前の通り、ゴリラのマークが書いてありパワーグリップです。ゴリラウェアのパワーグリップは、耐久性があり長期間の使用が可能です。なんと、防弾チョッキに使用されている素材を取り入れており、耐久性はピカイチです。

サイズはフリーサイズとなっており、手首が細い方から太い方まで幅広く対応しています。

デザインはシンプルですが、手首のマジックテープが分厚くなっており、筋トレ中にパワーグリップが外れる心配がありません。

耐久性が強く、重量を扱う女性にオススメのパワーグリップです。

■パワーグリップのサイズの選び方

パワーグリップはサイズ展開が多く、XS〜LLサイズまであります。

サイズを選ぶ時のポイントは、ご自身の手首のサイズとパワーグリップのサイズを確認する事です。

メーカーによって、サイズ感が異なります。ご自身の手首のサイズに合うものを選択すれば、問題ありません。

でも一度つけないと不安だなあ。

サイズ感が不安な方は、小さめのパワーグリップを選んだ方がよいです。大きいサイズだと怪我のリスクがあります。

■パワーグリップを使用する種目

では、実際にどのような種目でパワーグリップを使用していくのでしょうか。女性にオススメするパワーグリップを使用した種目を紹介しています!

1.ラットプルダウン

背中の広背筋を鍛える種目です。

バーをパワーグリップのベラと手の間に巻き付けて使用します。ラットプルダウンをする際は、ストレートバー、パラレルバー、MAGグリップなど様々なバーで使用可能です。

2.ローイング

V字のバーでトレーニングをする際に、パワーグリップを使用します。しっかりと手の内側まで巻き付ける事で、腕への負担を大きく減らせます。

3.ルーマニアデットリフト

ルーマニアデットリフトなど、バーベルを持ち上げる動作の時はパワーグリップをきつめに巻き付けましょう!

パワーグリップが緩い状態だと、バーベルが手から滑り落ちてしまう可能性があります。

4.デットリフト

デットリフトをする際もルーマニアデットリフトと同様、しっかりとパワーグリップを巻き付けましょう!

扱う重さを上げる時は、パワーグリップの方かにもトレーニングベルトを着用すると腰の怪我防止にもなります。

■まとめ

今までの筋トレでパワーグリップを使用していない方は、今すぐパワーグリップを取り入れましょう!特に女性は筋トレを始めたての頃は、パワーグリップなどのトレーニング用品に抵抗感を覚えると思います。

しかし、トレーニング用品を取り入れた方が必ず筋トレの質が上がります。また、女性らしい可愛いデザインのパワーグリップを取り入れる事で、モチベーションを高く筋トレを継続出来ます。

ぜひ女性こそ可愛いパワーグリップを取り入れて行きましょう!

BACK TO LIST

最新記事