2022 / 06 / 28

【夏バテを乗り越えろ!】夏バテにオススメのダイエット食品TOP3!これを食べて夏を乗り越えろ〜BEYOND(ビヨンド)ジム町田店〜

皆さん、こんにちは!BEYOND(ビヨンド)ジム町田店のトレーナー、あおです。

ここ最近、気温が30度近く上がる日が続いていますね。ここまで気温が高い日が続くと、バテてしまい、食欲が落ちてしまう日もあると思います。しかし、ご飯を食べないでいると、後にリバウンドしてしまったり、栄養不足から痩せにくくなったり、夏バテがさらに悪化してしまう可能性があります。例え、夏バテになっていても、健康のためにも、ダイエットのためにも、しっかりと食事を食べる必要があります!

この暑い夏を乗り越えるために、夏バテの時にオススメのダイエット食品を3つご紹介します!ぜひ最後までご覧ください。

しっかりと栄養を摂りながら夏を乗り越えましょう!

(1)夏バテにオススメの食べ物〜蕎麦〜

蕎麦はタンパク質と糖質を同時に摂取できる優秀な食品です!また、脂質も麺類の中では、とても低い為ダイエット向きです。蕎麦を選ぶ際のポイントとしては十割蕎麦を選ぶ事です。十割蕎麦は、

  • 小麦粉を不使用のため、グルテンフリー!
  • 玄米よりも食物繊維が豊富!
  • 食物繊維が豊富のため、便通改善!
  • 低いGI食品で、脂肪になりにくい!

のメリットがあります。

また、蕎麦はビタミンB1、ビタミンB2が多く含まれており、疲労回復効果があります。ビタミンB1やビタミンB2は糖質やタンパク質、脂質のエネルギー変換の際に補助として使用される栄養素です。これらを普段からしっかりと摂取しておく事で、疲労回復を促し、夏バテを防ぐ事が出来ます!

食べる際にオクラとろろ、温泉卵を添えましょう!
さらにタンパク質や食物繊維を追加して栄養を摂りましょう!

(2)夏バテにオススメの食べ物〜鶏レバー〜

「疲れた時はレバーを食べなさい!」と言われた事が一度はあると思います。レバーは食感が独特で苦手な方も多いと思います。しかし、栄養価が高く夏バテには最適の食品です!鶏レバーには、

  • ビタミンB群で、疲労回復効果!
  • 鉄分不足解消
  • 亜鉛摂取から、免疫機能向上!

のメリットがあります。

レバーには牛や豚もありますが、鶏レバーを選んだ方が脂質が低くカロリーを抑えられます。鶏レバー100gあたりでタンパク質を約19gほど摂取できるので、ダイエット中にも積極的に取り入れていきたい食品です。

また、鶏レバ−100gで鉄分を9mg摂取できます。一日に必要な鉄分は「男性=7.5mg」「女性=6.5mg」です。つまり、鶏レバーを1食100g食べるだけで一日に必要な鉄分をカバー出来るのです!特に月経中の女性は鉄分不足に陥りやすいので、月経中は鶏レバーを取り入れていきましょう。

鶏レバーは、焼き鳥やしぐれ煮にして食べると、食べやすいね!

(3)夏バテにオススメの食べ物〜豚肉〜

「ダイエット中なのに豚肉を食べてもいいのか!?」

きっとそう思われましたよね。実は、食べる部位をダイエット向きのものに選べれば問題ありません!

豚肉を食べる際は、豚ヒレ肉、豚ロース(赤身肉)、豚モモ肉(赤身肉)を選びましょう。これらは脂身が少なく、豚肉の中では低脂質です。またタンパク質もしっかりと摂れるのでダイエット中には最適ですね!豚肉には、

  • ビタミンB群で、疲労回復効果や代謝UP!
  • コレステロール値を正常に保つ
  • 動脈硬化の予防

のメリットがあります。低脂質の部位を選ぶだけで、健康面でのメリットを多く得られます!豚肉も捨てたもんじゃないですね!

また豚肉には、ビタミンB1、B2、B6、B12が豊富に含まれており、疲労回復だけでなく、代謝UP皮膚の炎症予防抗酸化作用睡眠の質の向上の効果もあります。また、ビタミンB1はヒレ肉やモモ肉など脂身の少ない部位に多く含まれます。

しかし、バラ肉や豚挽肉は100gあたり脂質が30g以上と、高脂質なのでダイエットには不向きです。ダイエット中は豚肉も赤身肉を選択しましょう!

豚肉は、低温調理や豚しゃぶにして食べると、余分な調味料を使わずに低カロリーで食べられますよ!

(4)まとめ

いかがでしょうか?

以上の食べ物を取り入れる事で、夏バテを解消しながらダイエットを継続していく事が出来ます!もちろん食べ過ぎてしまっては、カロリーオーバーになり、太ってしまいます。食べるときは常に適量を意識していきましょう!

もしもご自身にあった食事の量がわからない方は、ぜひ一度BEYOND(ビヨンド)ジム町田店のカウンセリング・体験トレーニングにご来店ください!トレーナーがあなたに適切の栄養バランスをお伝します。正しい食事方法を身につけて、一生リバウンドしない身体になりましょう!

お気軽にご連絡お待ちしております!

BACK TO LIST

最新記事