2023 / 11 / 10

リバウンドのリスクが高い!?MECダイエット法のdメリット・デメリットを解説

一時期流行っていたMECダイエットとはご存じでしょうか?

実際に多くの芸能人の方が取り入れて痩せられたダイエット法です。

しかし、このMECダイエットはリバウンドしやすく危険であるとご存じでしょうか?本日はそんなMECダイエットがなぜ危険なのか、やり方やメリット・デメリットまでも解説していきます!

痩せやすいけど、実は落とし穴があるダイエット方法です!普通のダイエットと何が違うのか知って損なし!

■MECダイエットとは?

MECダイエットとは、お肉(meet)や卵(egg)、チーズ(cheese)をメインに食事を食べるダイエット方法のことを言います。

タンパク質をメインに栄養を摂りつつ、少量の糖質と野菜を食べるようなイメージです。実際のMECダイエット法ですと、以下のような食事を摂ることになります。

こちらの食事を継続すれば、1年で50kgも痩せると言われているくらいダイエット効果が高いと言われています。しかし、このMECダイエット法は現在「リバウンドしやすいダイエット」と言われています。

■MECダイエットはリバウンドしやすい!?

このMECダイエットは普段の食事でお肉・卵・チーズを食べるため、炭水化物を食べなくてもお腹はかなり満たされます。タンパク質をメインに食べるようになると、消化にも時間がかかるため1日の食事量も減り、一時的には痩せます

しかし、普段の炭水化物が少ないということは、また炭水化物を食べ始めると、体重は増えていきます。私たちの身体はタンパク質をたくさん食べるからと言って、痩せるわけではありません。

むしろタンパク質をたくさん食べることによって

  • 消化不良
  • お腹の張り
  • 腸内環境の悪化

など弊害も現れます。

また、いつも炭水化物を食べていない分、炭水化物を食べ始めると血糖値が急に上がり

  • 食欲増進
  • 食欲の乱れ
  • 暴飲暴食

を招く可能性もあります。

少し糖質制限に似ているため、リバウンドのリスクも高いとわかりますね。糖質に依存をしている方がMECダイエットを取り入れるのは危険です。

■MECダイエットと糖質制限の違いとは?

MECダイエットもタンパク質を沢山取り、糖質を抑えるから糖質制限と似ているよね?

なんて思いますよね!この2つの違いは、大きく分けて2つあります。

①食べられる物の違い

まず、MECダイエットは食べ物のメインがお肉・卵・チーズの3種類が主になります。それ以外のタンパク質であるお魚や豆類はあまり食べません。また、糖質制限ではないので少量であれば、糖質を食べることが可能です。

次に糖質制限は、糖質を一食あたり20〜30g以下に抑えるため糖質をほとんど食べられなくなります。しかし、糖質制限の場合は良質な脂質を沢山とるべきなので、青魚やナッツ類などタンパク質の食べられる幅が広がります。

  • MECダイエット法
  • 糖質が食べられる
  • 食べられるタンパク質に限りがある

に対して、

  • 糖質制限
  • 糖質が食べられない
  • 食べられるタンパク質の幅が広い

と覚えると分かりやすいですね!

②咀嚼回数の意識

MECダイエットでは、1口あたり30回咀嚼してから食べ物を飲み込みます。咀嚼をする事により、食事の時間を伸ばせるので、早食いや食べ過ぎを防ぐことが出来ます。

しかし、糖質制限は咀嚼に指定がありません

もしも普段から早食いや食べ過ぎのクセがある人は、MECダイエットで咀嚼を意識するようになるとダイエット効果があるかもしれませんね。

■MECダイエットを行った芸能人

このMECダイエットを行いリバウンドしてしまった芸能人もいらっしゃいます。

特に有名なのが餅田コシヒカリさんです。

餅田コシヒカリさんはMEC法で20kgものダイエットに成功されました。しかし、その後リバウンドを繰り返しなんと体重は100kgオーバーしてしまいました。せっかく痩せたのに大幅にリバウンドしてしまっては身体にも大きな負担になりますし、メンタル的にもキツくなりますよね。

■MECダイエットの仕組み

MECダイエットはリバウンドのリスクもあり危険だと分かっていても、仕組みは知りたいですよね。

どのようなメカニズムで痩せていくのか詳しく説明していきます。

まず、MECダイエットは1日にお肉・卵・チーズをメインに食事を食べます。1日の平均的な食事の摂取量としては、

  • お肉  200g以上
  • 卵  2個以上
  • チーズ 120g以上

を必ず食べます。仮にお肉を豚肉として、この食事量をPFCに換算すると

  • 1373kcal
  • タンパク質 85g
  • 脂質 119g
  • 炭水化物 2.6g

の栄養成分になります。この成分だと、ほぼ糖質制限であることが分かりますよね。

ほぼ炭水化物を食べていない分、身体がケトーシスという状態になり体脂肪をエネルギー源として身体を動かすことになります。そしてこの状態を続けることによって、体脂肪が徐々に落ちて痩せていくという仕組みです。

■MECダイエットのメリット

上記の点を踏まえてMECダイエットのメリットは、

  • ・お腹が空きにくい
  • ・糖質を少量であれば食べられる
  • ・タンパク質を固定化できる
  • ・ダイエット中にチーズが食べられる

という点です。

ローファットダイエットやカロリーコントロールのダイエットだと、高カロリー高脂質のチーズは避けたい食べ物です。しかし、MECダイエットだとチーズを1日120g以上も食べられるので嬉しいですね!

また、お肉・卵・チーズが消化に時間がかかるため腹持ちがとても良いです。お腹が空いて食べ物のことばかり考えてしまうという方には、向いているダイエットと言えます。

■MECダイエットのデメリット

MECダイエットのデメリットとしては、

  • ・糖質依存になる可能性がある
  • ・糖質を食べられない
  • ・リバウンドしやすい
  • ・MECダイエットを続けなければ太ってしまう

という点です。

もしも糖質であるお米やさつまいも、パン類、麺類が好きな方からしたら正直きつく感じると思います。また、再度糖質を食べ始めると血糖値が乱高下したり、糖質の代謝能力が低下するためリバウンドのリスクは高めです。

■パーソナルトレーナーがオススメするダイエット法は?

実際にリバウンドせずに痩せるのであれば、ローファットダイエットが一番オススメです。

実際に私も多くのお客様を見させていただいておりますが、ローファットダイエットの方法が1番リバウンドしにくいです。

MECダイエット法や糖質制限、VLCDダイエットを行った方は摂食障害や過食症になりやすくリバウンドのリスクも高いです。一度摂食障害になってしまうと、健康的な食事を摂るのが困難になってしまいます。この状態ではダイエットどころじゃなくなり、精神も病みやすくなります。

もしも心身ともに健康的に痩せたいのであれば、MECダイエットや糖質制限ではなく、ローファットダイエットを取り入れることをオススメします!

■まとめ

MECダイエット法のやり方と、リバウンドのリスクは理解できましたか?

ダイエットとは以下に続けられるかが大切なので、もしかするとMECダイエット法が合う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、リバウンドのリスクが高い事だけは頭の中に入れて置いてください。

私としては、やはりMECダイエット法よりも様々な食べ物を取り入れられる健康的なダイエット食がおすすめです。そんな健康的なダイエット方法を知りたくありませんか?

もしも健康的に痩せたいのであれば、この機会に是非一度BEYOND町田店にご来店下さい。現在なんと無料にてカウンセリング・体験トレーニングを受けられます。ダイエット、トレーニングのプロであるトレーナー達が健康的なダイエット方法を提案します。

コチラからお気軽にお問い合わせ下さい!

BACK TO LIST

最新記事